コンテンツマーケティングを成功に導く6つの秘訣!実践してわかったコツとは?

コンテンツマーケンティングは、顧客視点で読みたいと思う魅力的なコンテンツを作成し、潜在的なニーズを引き出すだけではなく、顧客をつなぎ止めておくことにも有効だと言われている手法です。

多くの企業が取り組んでいるコンテンツマーケティングですが、単純にコンテンツを作成して配信すれば良いというわけではありません。

集客を成功させるにはいくつかのポイントがあります。

今回は、実際にコンテンツマーケティングで企業をサポートしていく中でわかった、コンテンツマーケティングを成功に導く6つの秘訣をご紹介します。

Webマーケティングのエキスパートが教える。コンテンツマーケティングを成功させる6つのコツ

コンテンツマーケティングをスタートするべく、スタッフブログを書いてみたり、Webサイトのページを増やしたり、様々な手段を試したけどスムーズに集客ができず結局途中でやめてしまった…。

企業の集客では意外によくある話ですが、コツを抑えることで成功に導くことができます。

今回は、コンテンツマーケティングで理解しておくべき6つのことをご紹介するので、すでにコンテンツマーケティングを行っている方は、現状何ができていないかをしっかりと確認しましょう。

1.課題に対して適切な手法でコンテンツを配信する

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツはPCやスマートフォンを通じてユーザーの元に届けられるテキストや画像のことを指し、様々な種類があります。

コンテンツの種類とそれぞれの特徴を理解し、自社の課題を解決できる適切な方法で適切なコンテンツを配信することがコンテンツマーケティングを成功させる鍵です。

多くの企業が取り組むコンテンツマーケティングとして「スタッフブログ」が挙げられます。

企業の日常のできごとやスタッフの日記などの内容は、企業への採用を目指す求職者に対して効果を発揮する場合がありますが、商品の購買やサービスの利用をしたいユーザーにとっては効果がありません。

盲腸を治したいのに花粉症の薬を飲んでも効果が無いように、課題に合わせたコンテンツを準備しましょう。

どのような手法でどういったコンテンツを配信することが課題を解決し、目標を達成することにふさわしいのかを確認しましょう。

コンテンツマーケティングで使用されるコンテンツとして代表的なものは以下の3つです。

①ブログ記事

ブログ記事は「ストック型」のコンテンツと言われていて、1度ブログ記事を作成して公開すれば、その記事は削除するまでWEB上に残り続けるため、作成したブログ記事を蓄積することでメディアの構築も可能です。

ただしブログ記事は公開しているものにユーザーが自力でたどり着いて初めて効果を発揮します。

そのため、キーワードで検索されるようSEOの最適化を行ったり、他の媒体で宣伝を行ったりすることでユーザーの目に触れなければ意味がないことを理解しましょう。

今更聞けないコンテンツSEOとは?記事で集客する5つのコツ

②SNS投稿

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSへの投稿もコンテンツの一つです。

ブログ記事の「ストック型」に対して、SNSへの投稿は「フロー型」と言われています。

FacebookやTwitterへの投稿は、コンテンツが一か所にとどまらず、顧客のタイムラインをどんどん流れていくことから、このように呼ばれています。

SNSへのコンテンツの投稿は、不特定多数の人に周知しやすいという反面、タイムラインで流れてしまうため他の情報に埋没しやすいという側面があります。

また、リアルタイム性が求められるため投稿のタイミングが成功を左右します。

時間限定のセールやキャンペーンの情報などをスピード感を持って発信したい場合には効果的であると言えるでしょう。

③メールマガジン

メールマガジンはすでに獲得したユーザーに対して一斉にコンテンツを送ることができる「プッシュ型」の手段として一般的に知られています。

先程までの手法とは違いすでに顧客となっている人に対してのコンテンツ配信になるため、そのユーザー層に合った内容のコンテンツを作成する必要があります。

こちらへの信頼も高いですが、その分コンテンツへの期待もありハードルも高くなるでしょう。

配信先を選択できるメルマガでは、どういった顧客をターゲットにするかによって結果が大きく変化するため、顧客情報の分析が重要です。

最も重要なことは、ターゲットや商品・サービスによってコンテンツを使い分けることです。
それぞれのメリット、デメリットを理解し、必要であれば組み合わせることで効果を最大化することができます。

2.コンテンツがユーザーにとって魅力的であること

コンテンツマーケティングを始めても、作成している記事が顧客にとって読みたいと思う魅力的な記事でなければ意味がありません。

企業側の意思だけでコンテンツを作成しても、ユーザーの心に刺さらなければコンテンツマーケティングでは結果を出すことができません。

潜在的なニーズに答えるには、顧客の検索意図や知りたいという欲求を満たすことのできる、「専門性の高さ」と「関連テーマの網羅性」のあるコンテンツである必要があります。

ターゲットに合った内容を適切に表現できているか、ブランディングやコンバージョンなどそれぞれの目的に合わせたコンテンツになっているかを確認し、ターゲットの潜在的なニーズを引き出す良質なコンテンツを作成しましょう。

3.継続すること

コンテンツマーケティングは、1日・2日で効果が出るものではなく、効果が発揮されるまでに時間を要するため、時間をかけて継続して取り組む必要があります。

いくら魅力的なコンテンツを配信していても、更新が途切れてしまってはユーザーが見放してしまいます。

例えば、同じ情報が掲載されたサイトでも最終更新日が「2017年9月」と「2019年9月」では、より日付が新しいものを確認するユーザーが多いでしょう。

また、年に1度しか更新されないサイトと毎日更新されるサイトを比較したときに、ユーザーが見たいと思うのはよりたくさんの情報を提供すてくれる毎日更新されるサイトです。

ユーザーが求めているのは、新鮮で信頼できる情報です。

根気強く継続して、定期的に記事を更新していくことがコンテンツマーケティングを成功に導くことにつながるでしょう。

オウンドメディアの事例

弊社で立ち上げを行ったオウンドメディアは、サイトの公開から半年で徐々にユーザーが伸びていきました。

これは、毎日記事コンテンツの更新を行い継続したメディア運用を行ったことが要因です。

継続して更新を行うことで、ユーザーの信頼を勝ち取り、集客へとつなげることができます。

宅配クリーニングサービスのオウンドメディア立ち上げから運用までを支援した事例

4.見やすいサイトで配信する

出典:せんたくのーと

コンテンツマーケティングを行う場合、コンテンツを配信するサイトも重要です。

サイトのデザインはもちろん、UIやUXをターゲットに合わせたものにしておきましょう。

女性向けのページであれば色合いを柔らかく可愛らしい印象にする、ターゲットの年齢層に合った文字サイズやフォントを使用するなど、サイトの設計をターゲットに合わせましょう。

サイトのコンセプトとユーザーにズレがあった場合、ユーザーは一目見ただけで「自分向けのサイトではない」と判断し離脱してしまうため、コンテンツにたどり着くことがありません。

また、コンテンツマーケティングでは”レスポンシブデザイン”も重要になります。

商品やサービス、ターゲットによってはPCよりもスマホ画面での表示を優先する方が効果的な場合もあり、必ずスマホに対応したサイトでコンテンツを配信しましょう。

オウンドメディアでのコンテンツマーケティングを行う場合は、WordPressを使ったサイト制作がおすすめです。

オウンドメディアとは?WordPressが最強と思えた5つの理由

5.ユーザーファーストのコンテンツ作りをする

コンテンツマーケティングにおいて最も重要なのがユーザーファーストの考え方です。

目的やゴールは商品の販売やサービスの利用であったとしても、それを実現する手段であるコンテンツはユーザーのためのものでなければなりません。

そのためには、ユーザーの人物像を明確にし、行動や思考を分析することでターゲティングを行う必要があります。

ユーザーを理解するために企画段階でペルソナの設定を行い、ユーザーが欲しいコンテンツを提供できるコンテンツマーケティングを行いましょう。

ペルソナ設定はマーケティングの強い味方。失敗を防ぐための活用方法 

6.アクセス解析を行う

コンテンツマーケティングはアクセス解析を行い効果測定を行うことで成功に導くことができます。

目標としている結果が出ているか、出ていない場合は何か原因でどのような課題があるのかを分析します。

課題を発見し改善し続けることがコンテンツマーケティングの効果を最大化することにつながります。

企業の成功はアクセス解析にあり?僕がおすすめする最強ツール5選

ユーザーを理解することがコンテンツマーケティングを成功させる

今回は、コンテンツマーケティングを成功させる6つのコツをご紹介しました。

どれか一つだけを実践するのではなく、すべて実践して初めてユーザーにとって有益なコンテンツを配信することができます。

コンテンツマーケティングで結果が出ていない場合は、自社のコンテンツの見直しを行いましょう。

CONTACT

まずは、お気軽に貴社のお悩みをご相談ください。
無料で課題解決ために最適なプランをご提案いたします。