今更聞けないコンテンツSEOとは?記事で集客する5つのコツ

今更聞けないコンテンツSEOとは?記事で集客する5つのコツ

Webマーケティングの手法の一つとして”コンテンツSEO”が挙げられます。

今回は今さら聞けないコンテンツSEOの基礎知識と、記事で集客をするコツを紹介します。

コンテンツSEOとは?今最も注目すべき集客方法

そもそもコンテンツSEOとは何なのでしょうか?

コンテンツマーケティングとの違いはあるのか、ということについても説明していきます。

コンテンツSEOとは?

 

 

コンテンツSEOとはコンテンツを作成し配信することで、そこにユーザーを集めるWebマーケティング手法です。

SEO対策を施すことで検索エンジンの上位に表示されやすいコンテンツを作ることでユーザーの流入を増加させることを目指す企業が多く、継続的に良質なコンテンツをアップすることで集客を行います。

コンテンツSEOで重要になってくるのはSEOを意識したコンテンツを作成することです。

なぜここで意識という単語を使用するのかと言うと、コンテンツSEOの陥りがちな失敗として検索上位表示を狙うためにコンテンツを作成してしまうことが挙げられるからです。

SEO対策とは?の記事でも紹介したとおり、ユーザーの求めているコンテンツを配信することがコンテンツSEOにおいて最も重要だと言えるでしょう。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

 

 

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは似ている部分もあり、混同してしまう人も多いのですが、この2つは切っても切り離せない関係と言えるでしょう。

商品の購買やWebでの問い合わせといったゴールのために様々な施策を組み合わせながらコンテンツを作成するのがコンテンツマーケティングであるとするならば、その中の1つの手段がコンテンツSEOだと言えます。

オウンドメディアやメディアサイト、またコンテンツをユーザーに見つけてもらうための方法としてコンテンツSEOがあり、コンテンツマーケティングを実践するにあたり、コンテンツSEOは欠かせないものだと言えるでしょう。

コンテンツSEOの5W1H

コンテンツSEOはただコンテンツを作成してサイトにアップすれば良いというものではありません。

まずはコンテンツの5W1Hを決めておく必要があります。

 

 

ユーザーのことを考えて作ったコンテンツでなければGoogleからも評価されにくくユーザーに見てもらう機会が無くなります。

コンテンツSEOを開始する前に、まずは5W1Hを定めてどんな目的で誰のためにどんなコンテンツを作成するのかを整理しておきましょう。

コンテンツで集客を行うコツとは?大企業も実践する5つのポイント

ではコンテンツSEOに適した良質なコンテンツはどのように作成するべきなのでしょうか?

今回は集客を行うためのコンテンツを作る5つのコツを紹介していきます。

1. ニーズを理解する

ユーザーのニーズを確実に捉えたコンテンツを配信する必要があります。

コンテンツSEOではユーザーの〇〇したい(ウォンツ)から潜在的なニーズを引き出すことが重要です。

 

 

このように、表面的なニーズだけではなくユーザー自身も気付いていない潜在的ニーズを捉えたコンテンツを配信することが集客を行うコツだと言えるでしょう。

2. ターゲティングを行う

 

 

コンテンツSEOにおいてターゲティングは欠かせません。

誰にも響かないコンテンツよりも誰か一人にしっかり刺さるコンテンツの方がコンバージョン率も高くなると言えるでしょう。

そのコンテンツを誰に向けて書くのかということを詳細にまで設定するために役立つのがペルソナ設計です。

ターゲットの年齢・性別・趣味嗜好・職業・年酒・家族構成・性格・生活スタイルなどを細かくイメージすることでコンテンツを届ける相手の求めるものが明確になります。

企画からコンテンツを作成し配信するまでの間、そのターゲットを想像することでコンセプトのブレや担当者同士での認識のズレを防ぐことにも繋がります。

3. キーワード選定を適切に行う

 

 

コンテンツSEOにおいて最も重要なのがキーワード選定です。

ユーザーがどのようなキーワードで検索してコンテンツに辿り着くのかを考えるのはもちろん、なぜユーザーがそのキーワードを検索するのかを意識しながら選定する必要があります。

特にコンテンツにSEOではロングテール戦略で複合キーワードを選択することが重要です。

ビッグワードの場合、競合が多く上位表示が難しいだけでなくユーザーの検索の意図も曖昧になりがちです。

例えば、「車」と検索する人の意図は様々予想できますが、「車 中古 トヨタ」と検索する人はトヨタの中古車の購入を検討していることが予想できます。

このように、関連キーワードを組み合わせることでよりユーザーに刺さりやすく見つけてもらいやすいコンテンツになると言えるでしょう。

4. クリックされるタイトルをつける

 

 

コンテンツSEOでは検索結果には他のページと同じように一覧で表示されます。

例えば、20代の女性が国内の旅行先を調べているとしてどちらの方がクリック率が高いでしょうか?

(1)国内のおすすめの旅行先とは?
(2)おしゃれ女子必見!国内の女子旅におすすめのスポット10選

大半の人が気になる要素が散りばめられたワクワクするタイトルである(2)の記事をクリックすると考えられます。

このように記事のタイトルにはユーザーに合わせた訴求の言葉を入れてあげることが重要です。

たとえ検索順位が上位で良質なコンテンツだったとしても、ユーザーの目を引かないタイトルにしてしまうとクリックされず意味がありません。

また、検索結果で表示される文字数は32文字までとされています。

オーバーするとせっかく魅力的なタイトルをつけても表示されないので注意しましょう。

5. ユーザーファーストで

 

 

先程も述べたように、検索順位にこだわるのではなくユーザーのことを第一に考えたユーザーファーストなコンテンツを作成することが最も重要です。

これまでに紹介したニーズの理解・ターゲティング・キーワード選定・タイトル作成はすべてユーザーを理解しコンテンツを届けるためのコツです。

これらを実践してユーザーにとって有益なコンテンツを作り上げることがコンテンツSEOのポイントだと言えるでしょう。

1から始めるSEO。対策とキーワードを選ぶコツとは

コンテンツSEOで集客するならまずはユーザーの理解から

コンテンツSEOとは記事を使って集客を行う施策のことですが、売りたいサービスや商品をアピールするのではなく、まずはコンテンツを見てほしいユーザーのことを考える必要があります。

ユーザーが欲しがるコンテンツを配信することが集客を成功させる一番の近道だと言えるでしょう。

CONTACT

まずは、お気軽に貴社のお悩みをご相談ください。
無料で課題解決ために最適なプランをご提案いたします。