Instagramのビジネスアカウントとは?マーケティングでの活用方法を徹底解説

Instagramのビジネスアカウントとは?マーケティングでの活用方法を徹底解説

若い世代を中心に多くの人が利用している「Instagram」は写真や動画をシェアできるSNSの代表格です。

そんなInstagramにはビジネスツールとしての一面があり、「ビジネスアカウント」を取得することで、SNSマーケティングに活用できるようになりました。

今回は

  • インスタグラムのビジネスアカウントは一般アカウントとの違い
  • インスタグラムのビジネスアカウントの活用方法

の2つの項目を中心に解説していきます。

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントとは

ビジネスでInstagramを活用する場合、ビジネスアカウントを取得する必要があります。

一般アカウントとビジネスアカウントの違い

一般アカウントとビジネスアカウントの違い

Instagramのアプリをインストールして必要な情報を入力することで取得できるのが一般アカウントです。

多くのユーザーが一般アカウントを使用しており、料理・風景・人物などをアップして共有しています。

ビジネスアカウントは、一般のアカウントをビジネス向けに切り替えることで利用可能になります。

ビジネスアカウントでは、以下の3つの機能を使用することができます。

  • ビジネスプロフィール
  • Instagramインサイト
  • 投稿の宣伝

3つの機能を活用することでビジネスツールとして役立てることができます。

ビジネスアカウントの見分け方

ビジネスアカウントではホーム画面に広告や連絡先が表示されます。

問い合わせ、メール、電話などのボタンが表示されているアカウントはビジネスアカウントだと判断することができます。

商品やサービスについて電話やメールで問い合わせることができるだけでなく、住所を登録しておけば、地図として利用することもできるのでユーザーへの道案内も可能です。

ビジネスアカウントの作成方法

ビジネスアカウントの作成方法

ビジネスアカウントを使用するには、まずインスタグラムの一般アカウントを取得しておきます。

一般アカウントをビジネスアカウントに切り替えることで使用可能です。

少し前まではFacebookアカウントとの連携が必要でしたが、より簡単にお手軽にビジネスアカウントを使用できるようになりました。

以下の手順で登録を行いましょう。

  1. ホーム画面を表示する
  2. プロフィールの編集をタップ
  3. 「プロアカウントに切り替える」をタップ
  4. 「ビジネス」を選択
  5. 画面に従いInstagramビジネスアカウントを取得する

1.画面右下のアイコンボタンをタップしてホーム画面に移動します。

1.画面右下のアイコンボタンをタップしてホーム画面に移動します。

2.プロフィールを編集を選択します。

 

2.プロフィールを編集を選択します。

3.「プロアカウントに切り替える」を選択します。

3.「プロアカウントに切り替える」を選択します。

4.「ビジネス」を選択します。

4.「ビジネス」を選択します。

※「ビジネス」は企業やブランドなどの組織向け、「クリエイター」はインフルエンサーやアーティストなどの個人向けに設定されています。

5.「次へ」を選択してビジネスアカウントを取得します。

5.「次へ」を選択してビジネスアカウントを取得します。

6.自社に合ったカテゴリを選択します。

検索も可能ですので、一番近いものを選びましょう。

5.「次へ」を選択してビジネスアカウントを取得します。

7.連絡先の情報を設定します。

ユーザーからの問い合わせ先になるアドレスを設定しましょう。

.連絡先の情報を設定します。

8.ビジネスプロフィールを設定します。

メールアドレス、電話番号、住所のいづれかを設定しておきましょう。

こちらで追加した情報は、ユーザーがプロフィールから確認できるようになります。

7.連絡先の情報を設定します。

9.Facebookページを連携します。

Facebookページがある場合は、連携することもできます。

無い場合は「今はFacebookにリンクしない」を選択してスキップしましょう。

後から追加することもできます。

9.Facebookページを連携します。

10.ビジネスアカウントの作成は完了です。

ホーム画面に「広告」のボタンが表示されていることを確認しましょう。

10.ビジネスアカウントの作成は完了です。

インスタグラムのビジネスアカウントの活用方法

ビジネスアカウントは活用することで、集客に役立てたり、ユーザーとの距離を近づけたり、商品やサービスの宣伝を行うことができます。

先程ご紹介した3つの機能「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」の活用方法をご紹介します。

1.ビジネスプロフィール

 

1.ビジネスプロフィール

 

ビジネスプロフィールには、電話番号・メールアドレス・住所の登録ができます。

これらを登録することで、ユーザーが企業にコンタクトを取る手段を設定します。

これまでは、投稿を見たユーザーと企業がコンタクトをとるには、投稿へのコメントやDMを使用するしかなく、一つ一つのメッセージに企業が対応する必要がありました。

ビジネスアカウントを活用すれば、ユーザーの声を問い合わせ窓口に集約することができます。

また店舗がある場合には、住所を登録しておくことでユーザーの道案内に役立ちます。

企業にとってもユーザーにとっても便利で効率的な機能なので、ユーザーとスムーズにやり取りをしたい場合はビジネスプロフィールを設定しておきましょう。

2.Instagramインサイト

 

2.Instagramインサイト

 

Instagramインサイトとは投稿を分析する機能です。

投稿がどれだけ見られているか、どんな反応があったか、フォロワーの詳細などを確認することができます。

【 コンテンツの分析 】

【 コンテンツの分析 】

  • インプレッション数:すべての投稿がユーザーに表示された合計回数
  • リーチ:投稿を見たユニークアカウント数
  • エンゲージメント:投稿が「いいね!」「保存」「コメント」された回数
  • 保存済み:投稿を保存したユニークアカウント数
  • プロフィールへのアクセス:プロフィールを見たユーザー数

【 インタラクションの分析 】

【 インタラクションの分析 】

  • プロフィールへのアクセス:プロフィールが閲覧された回数
  • ウェブサイトクリック:プロフィールに掲載されたウェブサイトがタップされた回数
  • メール送信のクリック:ビジネスへのメール送信のタップ数

※インタラクションとは人とシステムの情報のやり取りのことを指します。ユーザーがあなたのアカウントに対して行ったアクションを分析します。

【 オーディエンスの分析 】

【 オーディエンスの分析 】

  • 年齢
  • 性別
  • 位置情報
  • 利用時間 等

※オーディエンスの分析を見るためには100人以上のフォロワーが必要です。

インサイトを使って分析することで、反応が多かった投稿を知ることができるため、フォロワーの興味に合った情報を提供することが可能です。

またフォロワーがどんな人なのかを分析することで、商品やサービスのターゲットを見直し、今後の集客に役立てることができます。

インサイトを利用することで、フォロワーの興味に合った情報やタイムリーな話題を提供することが可能になりました。

分析は期間を設定して見ることもできるので、定期的にインサイトを確認して、Instagramを集客で活用できているか確認しましょう。

3.投稿の宣伝

3.投稿の宣伝

投稿の宣伝機能を利用することで、過去の投稿を広告として出稿することができます。

インサイトを使って顧客の注意や興味を多く引きつけた投稿を分析し、その投稿を広告にすることで、フォロワー以外のユーザーにも投稿を見てもらうきっかけを作ることができます。

予算や出稿期間だけでなく、広告を配信するユーザーの年齢や性別を設定することができるため、予めオーディエンスの分析を行うとより効果的です。

広告にはアクションボタンを設定することができ、購入する・予約する・登録する・申し込むなど広告に適したものを設定することで効果を高めることができます。

最低予算は100円、最短掲載時間は1日と手軽に挑戦できるので、費用の安い広告として試しに利用してみるのもおすすめです。

まとめ

ビジネスアカウントを上手く活用することで、顧客との結びつきを深め、マーケティングにも利用できます。

利用者数が増加傾向にあるInstagramをビジネスに活用してみてはいかがでしょうか。

結婚式場でインスタグラムマーケティングの社内向けセミナーを実施した事例

CONTACT

まずは、お気軽に貴社のお悩みをご相談ください。
課題解決のために無料で最適なプランをご提案いたします。