ペルソナ設定はマーケティングの強い味方。失敗を防ぐための活用方法

Webマーケティングを行う上で必ず作るべきだと言えるのがペルソナ設定です。

ペルソナ設定を行うことで、効果的に集客を行うことができるため広告宣伝の失敗を防ぐことにもつながります。

今回は、マーケティングに欠かせないペルソナ設定とは何か、なぜ必要なのか、どのように活用するのかを実際の事例を交えながらご紹介していきます。

ペルソナ設定で失敗を防ぐ!Webマーケティングでの活用方法

マーケティングを行う企業や、広告宣伝を行う際に使用されているペルソナとは、どのようなものなのでしょうか?

具体例を交えながらご説明していきます。

ペルソナ設定とは?

ペルソナは架空の人物像を指す言葉です。

商品やサービスのターゲットとなる顧客像を明確化することをペルソナ設定と呼びます。

基本的に企画段階でターゲットの”層”は設定されますが、より詳細なターゲット”像”を設定することで商品やサービスのユーザーへのアプローチを有効にできるようになりました。

特に、不特定多数が様々な手段でアクセスするWebマーケティングでは、ターゲットを絞り込みユーザー視点で考える必要があるため、ペルソナの設定が欠かせません。

ペルソナの設定方法

ペルソナを設定する際には、架空の人物を1人〜3人程度作り上げます。

以下のような項目から、ペルソナを作り上げていきましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 家族構成
  • 職業(収入)
  • 興味・関心
  • 行動方針
  • 価値観
  • 使用しているデバイス
  • インターネットの使用状況
  • よく見るサイト 等

その人がどのような人物で、どのような価値観を持っているか、ライフスタイルはどうかを詳細に組み立てることで、ユーザーがどのような行動から商品やサービスにたどり着くかを導き出すことができます。

また、ユーザーの視点を持つことで、商品やサービスの課題はもちろん、ユーザー像に対して広告手法が効果的であるかなどの課題も見えてきます。

ペルソナ設定のコツは、架空の人物をより具体的に作り上げることです。
難しい場合は、身近な人を思い浮かべてその人の行動を分析してみましょう。
髪型や服装などは人物像の決め手にもなるので、イメージとなる人の写真も探しておくのがおすすめです。

ペルソナ設定がマーケティングで重要視される3つの理由

ではペルソナの設定はなぜ行うべきなのでしょうか?

ペルソナ設定を行うことで、マーケティングや広告宣伝を行う際に以下のようなメリットがあります。

ターゲットが明確になることで効果が高まる

ペルソナは商品やサービスのターゲットとなる人物像です。

ターゲットをより具体化することで、ユーザーが商品やサービスにたどり着く経路や思考をイメージすることにつながります。

そのユーザーにとって最適な集客や宣伝の方法を打ち出すことができるため、失敗を防ぎ効果を高めることができるでしょう。

例:ECサイトでフライパンを販売したい場合

(ペルソナがない場合のターゲット像)
30代女性、子どもがいる主婦層
→ターゲットが絞りきれていないため、多種多様な宣伝方法が考えられる

(ペルソナがある場合のターゲット像)
30代女性、小学5年生の娘がいる、共働きの主婦、通勤は電車、iphoneを所持
→・娘と一緒に料理をする可能性が感がられるので、子どもでも使いやすい軽さをアピール
・共働きで忙しいため、家事の効率化を売りにする
・通勤中にスマホを使用することが考えられるため、スマホサイトに力を入れる

このように、ターゲットを明確化することでその後のマーケティングもより具体的になりスムーズに進めることができます。

認識の相違が発生しにくい

企画立案段階でペルソナを設定しておくことで、部署同士やチーム同士での認識の相違が発生しづらくなります。

全員が同じターゲットに向かって認識を合わせておくことで、個人間でのズレが解消できるため、マーケティングの方針が統一されます。

結果的に、企画の進行も良くなり意思決定のスピードも早くなるでしょう。

議論を進める際には必ずペルソナを確認して、ペルソナに沿った進行ができているかを確認することでユーザーのニーズを満たすことにもつながります。

ユーザーファーストのマーケティングができる

ペルソナの設定によってユーザーのターゲット像を明確にしておくことで、ユーザーの目線に立ってマーケティングを検討することができます。

特に、実店舗のないWeb上のマーケティングではユーザーの姿を見ることができないため、どうしても作り手メインのマーケティングになってしまうことがあります。

サイトまでの導線や、サイト内のUXやUI、デザインなど、ペルソナを設定をしておくことでそのターゲットが利用することをイメージしたユーザーファーストの設計が可能です。

ペルソナの設定を行うことで、ペルソナの情報を元に導き出したユーザーの経路や行動を反映したマーケティングを行うことができるでしょう。

ペルソナ設定を活用してWebマーケティングを行った事例

実際にペルソナの設定を行うことで、ユーザーに対して効果的なマーケティングを行った事例をご紹介します。

事例:筆ぐるめ様

ECサイトで年賀状用のソフトを販売するにあたり、上記のようなペルソナ設定を行いました。

年賀状の文化が薄れていくなか、年賀状を作成するためのソフトが欲しい人はどのような状況にあるのかを具体化し、購入の理由を明確化していきました。

担当者同士の認識合わせを行いながら、「PCソフトの購入に抵抗がない人=普段からPCやスマホに触れていて抵抗がない人」というペルソナを導き出すことで、ユーザーが欲しがっている情報をコンテンツとして配信することで効果的に集客を行いました。

ペルソナ設定は広告・集客の効果を高める手段!

今回はマーケティングに欠かせないペルソナ設定についてご紹介しました。

Webでの集客には必須ですので、ペルソナを活用して効果を高めましょう。

CONTACT

まずは、お気軽に貴社のお悩みをご相談ください。
無料で課題解決ために最適なプランをご提案いたします。