コンテンツマーケティングとは?一流企業が実施をする3つの意味

コンテンツマーケティングとは?一流企業が実施をする3つの意味

Webマーケティングを行う企業が注目する“コンテンツマーケティング”をご存知でしょうか?

様々なWebでの集客方法がありますが、中でも多数の一流企業が実施しているのがコンテンツマーケティングです。

今回は、コンテンツマーケティングとは何か、そしてなぜ一流企業が実施するのかについて解説していきます。

一流企業が実施するコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングはアメリカで生まれたマーケティング手法で、元々は紙媒体で行われていたとも言われていますが、21世紀に入りGoogleを始めとする検索エンジンの登場やデジタル機器の発達、SNSの広がりを経てその重要性は高まっています。

Webマーケティングの一種であるコンテンツマーケティング

 

 

コンテンツマーケティングはWebマーケティングの一種です。

Web上で行うマーケティングには多数の方法がありますが、コンテンツマーケティングは中でも“コンテンツ”に特化した集客方法を指します。

意図をもってユーザーにとって有益なコンテンツを提供し、 そして、コンテンツをきっかけにユーザーが何かしらを感じとることで行動を起こさせるマーケティング手法がコンテンツマーケティングです。

ユーザーの行動のゴールを、会員登録・資料請求・サービスの申し込み・商品の購入など任意の目標に設定し、それらに適した良質なコンテンツを生み出し、ユーザーに届けることで目的を達成するという手法です。

他のWebマーケティング手法と比べても多数のメリットがあり多くの企業が選んでいます。

新規顧客の獲得にコンテンツマーケティングを実施する3つのメリット

コンテンツとは具体的にどんなものを指すのか

 

 

コンテンツマーケティングの最も重要とも言える要素である”コンテンツ”とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

「コンテンツ」とは、映画、⾳楽、演劇、⽂芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の⽂字、図形、⾊彩、⾳声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの⼜はこれらに係る情報を電⼦計算機を介して提供するためのプログラム(電⼦計算機に対する指令であって、⼀の結果を得ることができるように組み合わせたものをいう。)であって、⼈間の創造的活動により⽣み出されるもののうち、教養⼜は娯楽の範囲に属するものである。

引用:「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」

日本国内ではコンテンツは上記のように定義されており、何かしらの情報を文字や写真、音声などだけでなくそれらを組み合わせて作成されたものだと言えます。

私たちの日常生活の中にも馴染み深い本や漫画、写真などはもちろん、テレビやPCを通じで受け取るテレビ番組や映画、Webサイトもデジタルコンテンツというコンテンツの一種です。

コンテンツはかなり広義で数えきれない程のものがありますが、コンテンツマーケティングで活用するコンテンツは主にWebに限定されるため、PCやスマートフォンを通じて配信されます。

中でもコンテンツマーケティングで使用するコンテンツは、PCやスマホを通じて配信されるためWeb上にアップするブログ記事やまとめ記事を指すことが多く、文字だけでなく写真やイラスト、映像やアニメーション等の複数のコンテンツを組み合わせたものが中心です。

コンテンツマーケティングはなぜ効果的なのか

 

 

コンテンツマーケティングは様々な効果が期待されています。

コンテンツマーケティングを実施することで必ず得られる5つの効果

コンテンツマーケティングが効果的な理由として挙げられるのは、ユーザーの購買サイクルを捉えることができるからです。

例えば、価格が他社より安いことが魅力のサービスをコンテンツマーケティングで販売するときには、一般的な広告であれば「価格が安い」「お得」という情報を押し出すことが多いです。

しかし、サービスに興味を持っているだけの情報収集段階のユーザーにいくら価格をアピールしても購買につながる可能性は低くなります。

そういったユーザーにはサービスの概要となるコンテンツや関連キーワードを使用したコンテンツを提供することでまずはサービスを認知してもらうきっかけを作り、購買への道を作ります。

ユーザーのステージに合わせて知りたい情報を提供できるコンテンツマーケティングだからこそ、購買サイクルを捉え効果的なマーケティングを実現します。

コンテンツマーケティングは国内でも結果を残しており多くの事例があります。

国内サイトのコンテンツマーケティング成功事例10選

コンテンツマーケティングを実施する3つの意味

Web上での集客において大きな効果をもたらすコンテンツマーケティングを多くの企業が選ぶのには以下の3つの理由があります。

1.広告費を削減できるから

 

 

企業がマーケティングを行う中で課題となってくるのが広告費ですが、例えば、リスティング広告であれば検索結果に表示させてユーザーを集めるためには広告費を払い続ける必要があります。

また想定したターゲット外のユーザーがクリックをしてしまい無駄な広告費が発生する可能性もあります。

コンテンツマーケティングであればこういった広告費の発生を抑えることが可能です。

検索結果に自然に表示される良質なコンテンツを作成し、上位に表示させることで広告費を削減しながら効果的にマーケティングを行うことができます。

ただし広告ほどの速効性はないため、コンテンツを上位化し安定してユーザーを流入させるには時間がかかることを理解したうえで長期的に自社のマーケティングを見据えている企業が実施しています。

現在オウンドメディアを所持している企業は、オウンドメディアを活用してコンテンツマーケティングを行うことも可能です。

オウンドメディアとは?WordPressが最強と思えた5つの理由

2.コンテンツを資産にして継続的なコンバージョンを獲得できるから

 

 

先述した通り、一度作成したコンテンツは資産として残るため継続的なコンバージョンの獲得が可能になります。

コンテンツを増やすことでユーザーとコンテンツとの接点を増加させ、コンバージョンのきっかけを作ります。

また、様々なユーザーのニーズに合わせたコンテンツを増やしていくことで、継続したコンバージョンを生み出します。

ただし、ユーザーのニーズを的確に捉え効果的なコンテンツを配信するにはアクセス解析が欠かせません。

ユーザーがどのような目的でコンテンツに流入してきたのか、どんなコンテンツがコンバージョンのきっかけになっているのかなど、アクセス解析をすることが継続的なコンバージョンを獲得する鍵になります。

企業の成功はアクセス解析にあり?僕がおすすめする最強ツール5選

3.アウトバウンド営業が不要になるから

 

 

コンテンツマーケティングであれば、コンテンツを作成し配信しておけば、見込み客であるユーザー自身が興味を持ったコンテンツに自ら流入し問い合わせや予約といった行動を起こします。

アウトバウンド営業では商品やサービスに興味のないお客様を振り向かせ口説き落とす必要があるため、コンバージョンまでには時間がかかるだけでなく、そもそも話を聞いてもらえない可能性もあり、時間も労力も必要になります。

商品やサービスを売り込むアウトバウンド営業で顧客を獲得するよりも、ユーザーに向けて価値のある情報や役立つコンテンツを配信するコンテンツマーケティングで顧客を獲得する方が企業にとっては“楽”というわけです。

コンテンツマーケティングを利用したインバウンド営業と従来のアウトバウンド営業を比較すると、コンテンツマーケティングの費用対効果の高さを実感する企業が増えています。

コンテンツマーケティングによってインバウンド営業の動線を作ることで、アウトバウンド営業を一切行わず人件費の削減に成功したという企業もあります。

広告費を削減して企業の成功を助けるコンテンツマーケティング

今回はコンテンツマーケティングと何か、そしてなぜ一流企業が実施しているのかについて紹介しました。

自社サイトにブログを設置しているが更新に余計な手間をとられているという場合や、リスティング広告の費用が膨れ上がっているという場合は、コンテンツマーケティングで解決できるかもしれません。

CONTACT

まずは、お気軽に貴社のお悩みをご相談ください。
無料で課題解決ために最適なプランをご提案いたします。